ヒアルロン酸注入法を受ける場合

ヒアルロン酸注入法に利用されているヒアルロン酸は、体内の水分を保持する性質を持つものなのですが、人体との親和性が高いという特徴を持っています。親和性が高い物質を体内に注入しても副作用や何らかのトラ…

ヒアルロン酸は元々身体にもあるものなので、注入したとしても拒絶反応が出にくいのが強みです。しかしその元々身体にあるということがデメリットにもなり、注入してから時間が経過するに連れて吸収されてしまい…

ヒアルロン酸注入法による豊胸の料金は、保険適用外となるためクリニックごとに違いが見られますが、注入量によって料金が決まるシステムを採用しているところが目立ちます。一般的に、大手のクリニックではヒア…

脂肪注入法を受ける場合

注入系の美容整形は、効果の持続期間が限られているものがほとんどです。しかし、脂肪注入法は注入した脂肪の50%から60%が生着し、生着した脂肪は半永久的にバストに留まります。そのため、何度も施術を受…

豊胸のため脂肪注入したのち、脂肪が定着すれば半永久的に持続しますが、定着しなかった場合は脂肪が吸収されるので、施術直後から徐々にサイズダウンしていきます。脂肪が定着する量、脂肪を吸収する量は個人差…

脂肪注入法は自分の脂肪を注入してバストアップを図る方法です。ただし、単に脂肪注入といってもその種類は複数存在しています。単純に他の部分からとった脂肪を注入するのが脂肪注入法、取った脂肪の不純物を取…

豊胸に関するメリットとデメリット

豊胸手術は主に2種類あります。1つは、パッドを入れる手術、もう1つは、生理食塩水などを注入する手術です。前者は触ることで分かりますが、後者は自然な感触になります。しかし、徐々に吸収されて元に戻ります。